:: 最低賃金引き上げについて | PN通信 ::
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 社是・経営理念についての解説 | main | 嬉しい事 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

最低賃金引き上げについて

最低賃金問題が国会でクローズアップされている。

生活保護より低い賃金はダメというのが争点。

それはあってならないことなのかどうか。。。

生活保護は、望まないのにそのような状況になっている人。

賃金は、その仕事をすることを望んで就業すること。

そこが根本的に違う。

賃金を下げれば、応募者が減る。
質が悪くなるかもしれない。

でもそれを承知で、企業は募集しているんだから、

選択にあたっては当然就業する人が決める。

最低賃金を1000円以上に上げたら、
就業は出来るが、条件的に不利な弱者や
賃金の高い低いの問題ではなく安くても就業したい、
という志向の人たちにあった募集は、
出せなくなくなってしまう。

スーパーのレジは700円ぐらい。
1000円にしたら3割の人をカットしなければならなくなる。
もしくは価格転嫁をせざるおえない。
または3割の人の就業の機会がなくなる。

パートやアルバイトの能力差を700円〜1500円とか、
もっと出す方向で考えたほうが現実的だ。

最低賃金が低いと、生活保護を受けたい人が増えるのなら、
その審査をもっと厳格にしたほうがいいのではないだろうか。






茶谷武志 * 考え * 18:28 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:28 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ