:: PN通信 ::
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

後には戻れないが、蜜はいずれなくなる。そこにチャンスがある。

派遣や請負を活用するメリットは、やはり大手企業に多い。

その原因は
●作業内容に対して自社の給与基準が合わない。
●勤務体系や業務内容が就業規定に合わない。
●製造や販売のピークに波があり、固定的に採用したくない。
●3kの場合、リスクが伴い、企業イメージダウンにつながるので責任を負いたくない。

というのがおもなケースである。

だから、大手企業ほど、もう後(自社で賄うようにすること)には戻れない。
せいぜい、自社での管理育成部門の強化である。



中小企業の場合は
○求人コストをかけたくない。
(求人費を人材会社が肩代わりする羽目になる)
○自社でまかなうには応募管理や面接に手間がかかる。
(手間というコストを肩代わりする羽目になる)


中小企業では派遣が根付いていないケースが多い。
もし、人材会社からの対応が遅れれば、自社で動いてしまうのだ。

明白なのは、人材会社にとって荒利が高く早期に成長できるのは、やはり大手企業に付くことである。

一度おいしい蜜を吸った蜂は、繰り返し同じ場所にやってきて蜜を探そうとする。

企業も、一度利益を上げる体験をすれば、同じ手法を継続しようとする。



でも、同じ場所に大勢の蜂が来てしまえば、蜜はなくなってしまう。

人間社会も、都合よくみんな同じ事が同じように出来るわけではない。
すなわち蜜は有限であるということ。

そこで、蜂は新しい蜜を探しだすか、自ら生み出さなくてはならない。

蜜を作り出すことは容易ではない。

そのノウハウを持ったものは、生存競争で優位に立てる。

人材ビジネスで必要なのは、どんな蜜を好むのかをいち早く察知し、新しい蜜の「素材」を探し、早く「育成」することではないか。


日本の非正社員化が大きく変化することは考えにくい。

非正社員のポジションをいかに整備し、価値化していくか。

人材ビジネスは、既存のノウハウはもう通用しなくなってくる。
企業サポートという視点での人材ニュービジネスの時代になってゆく。。

茶谷武志 * 考え * 11:51 * comments(0) * trackbacks(0)

派遣の付加価値と将来についての考察記事

派遣の考察参考サイト
茶谷武志 * - * 14:34 * comments(0) * trackbacks(0)

正社員⇒善 非正社員⇒悪 なの?

政府の対策やマスコミで騒がれている話題のなかで最近特に気になるのが、正社員が「善」で、非正社員が「悪」のような表現や風潮があります。
参考サイト

正社員とは、「賞与」が出て「将来の幹部」として会社から「責任ある仕事」が与えられる。雇用の面で「保証」されている。といったところでしょうか。


採用する側として意識しているのは、「コスト」というよりも「役割」です。


コストなら社員でも能力によって給与を低くすればいいのですから。
企業は、コストをかけないという弊害として、リスクが高まるのはもちろん承知の上です。


今は、すごく働き方や生き方の選択肢の幅が広い時代です。
個人の都合で定時に退社したい。また、期間を区切って働きたい方がいます。
その場合は正社員として責任ある仕事をお任せした場合、制約があるために業務に無理が生じます。でも、「責任」の違いはあっても「労働」としては違いはないはずです。
適材適所で働いていただくわけです。



派遣・請負スタッフやパート・アルバイトとして非正社員になった場合でも本人が希望すれば、社会保険にも加入できる(そういう会社が増えてきたし、またそういう会社を選択すればいい)し、給与もその人のスキルや評価しだいで正社員以上の高い報酬も得られるチャンスが無いとはいえないと思います。派遣や契約社員でも高額な報酬はたくさんあります。


厚生労働省をはじめ、政府も「非正社員⇒正社員」にする気持ちはわかりますが、現実を前向きに考えて非正社員を悪者扱いではなく、働き方の選択の一つとして、個人が自己責任において自分を守るための制度の充実に取り組むべきだと思いますが、いかがでしょうか。


ハンディキャップを持った方は別として、社会に依存したり会社にたよった生き方の時代はもう終わったのではないでしょうか。

  
茶谷武志 * 考え * 10:24 * comments(0) * trackbacks(0)

常に支えられている「自分」

私たちの人生は、常にどこかで誰かに支えられているものです。それを、まるで一人で生きてきたかのように思ったときに、思わぬ“迷い道”に踏み込んでしまうのではないでしょうか。たとえば、自分の力を過信して、自分の好き勝手に生きようとしたり、人を無視するような生き方をしてしまいます。ですから、いつもそのことをふり返り、支えられている自分を確認しましょう。
 さらに、支えてくれている多くの人々に感謝の念を持つことができれば、自然に「その人々に何かお返しをしたい」「自分も誰かを支えられるようになりたい」という気持ちが生まれてくるものです。そして、この気持ちが、暗く沈んだ心を前向きな心に変えてくれることになるのです。
茶谷武志 * kotoba * 09:15 * comments(0) * trackbacks(0)

これからの人材サービスの考察

今までの人材ビジネスは、足りない数の人材を、いかにすばやく供給する
かという「補充型」で成り立っていました。

しかし、景気回復による人材確保の難しさや競合他社との価格の下げあい
(消耗戦)ではサービスの低下を招き、本来の人材サービスになくてはな
らない、いい人材を、必要なボリュームで、適時にという価値が発揮でき
ない状況にあります。

派遣社員に対する待遇問題(年金、社会保険など)も今後クローズアップ
されてくることは確実です。

しかも市場価値の高い人材ほど供給が不足しています。

人材の物量作戦よりも、これからは「専門特化した人材会社」が
付加価値を発揮できる時代になります。

「人材を派遣することによって、クライアントの問題を解決する」

つまり、ぼくらが、クライアントの状況をよく分析し、顧客に対して
コンサルティングを行い、経営課題を解決していかなければなりません。


「補充型」人材ビジネスから、「クライアントの問題解決型」
ができる人材総合コンサルティングサービスが求められてきています。

これからプラン・ネットは、顧客、スタッフに対してもっともっと
価値あるサービスを提供し続けたいものです。

茶谷武志 * 考え * 20:13 * comments(1) * trackbacks(0)

他喜力シート

3月からスタートした、他喜力シートの申請が2件届きました。
2件とも素晴らしい内容でした。
早速会社の壁に掲示し、ポイントを授与しました。

この制度の趣旨は、あくまでも目に見えにくい貢献を会社として評価したい。
また、自分で目標を掲げ、自己評価することで成長をしていこうとの思いで創設した
制度です。

会社の全員がみんなの行動や自分の行動、結果を評価し、
コツコツと地道な動きで大きな岩を動かそう、大きな結果に結びつけようという会社の姿勢を表しています。

何か会社としてもみんなを喜ばせたいので、
50個貯まると5万円の賞金と3日間の有給休暇をプレゼントすることにしました。

全員で10カ年計画達成目指してもっとすばらしい会社を作っていきましょう!
昨日から京都営業所に営業として入社した眦張ンも頑張っています。
みんなで早く一人前になれるように育てて生きたいと思います。

宜しくお願いします。
茶谷武志 * - * 09:25 * comments(1) * trackbacks(0)

プラン・ネット株式会社公式ブログを開設しました。

拍手
プラン・ネットの公式ブログを開設いたしました。
これを活用し、出来るだけみんなとのコミュニケーションを図ってまいりたいと考えています。

宜しくお願いします。
茶谷武志

茶谷武志 * - * 14:45 * comments(1) * trackbacks(0)
このページの先頭へ